いとう温泉

支笏湖の北側 恵庭岳の麓に湧く一軒宿
湖に面した露天風呂は何時間でも飽きずに入っていられる
支笏湖周辺で一番好きな温泉だ



    2002年7月
いとう温泉 露天風呂      湖に面した露天風呂

      板塀で男女に仕切られている
      時折モーターボート等が通過して行くのが見える。
  
支笏湖
いとう温泉 内湯      こじんまりとした内風呂

     蛇口から湯がドドーと流れ、浴槽の端から
      湯が溢れる正真正銘の掛け流しの湯
チップ塩焼き定食
     宿の前の湖上に造られた小屋で
     チップ(ヒメマス)の塩焼き定食を食べた

      宿の後ろに山が迫り  前はすぐ湖   
      手前に見えるのは桟橋





        温泉へは、林道を湖へ向かう急な坂道を下りきったところにある。

         宿は、湖に沿った独立した狭い平地にあり、内湯は宿の一階、露天風呂は建物と離れている。
         立ち寄り湯が始まる11時少し前に到着、1番湯をタップリと味わった。

         最初に湖を眺めながらの露天風呂。
         湯はぬるいので、他の人が来るまで30分以上の一人で楽しめた。
         モーターボートに乗った家族づれが手を振っていたのに応えて、立ち上がって両手で大きく
         振り返すと子供たちの笑い声が湖面いっぱいに響いた。

         1度着替えて、誰もいない内風呂につかった。

         湖上の桟橋もフル活用されている。
         桟橋の横には、手造りの素朴なレストラン『ベアー ヘッド』があり、ジンギスカン小屋と言う感じだが、
         ここで味わったチップ定食は、窓からみえる『風不死岳』や湖面から吹き抜ける風が心地よく、
         ことさら美味しく感じた。

          ◆ 『チップ』とは アイヌ語で“カパッ・チェプ”体の薄い魚という意味で、ひめますのこと。
            ベニザケの陸封型であり、支笏湖のチップは毎年千歳川に遡上してくるベニザケを孵化させ、
            稚魚にして放流しているそうだ。
            身は薄いピンク色で柔らかく、味は癖がない。







ホームへ 戻る