ガーデン日記2002

   12月

12月17日 雪のち曇り

  久しぶりのまとまった雪が来た。 あたり一面白色になって、明るい景色をつくってくれる。

  クリスマスも近くなり、木の実を氷の中に閉じ込めた簡単リースを作った。
  零度以下の寒さが続く限り解けないで楽しむことができる。


冬の庭
氷のリース
     プンゲンストウヒに積もった雪が
          冬の庭のメイン
氷のリース
コシアブラとツルウメモドキの実を
バケツの水に入れ、真ん中に空き缶を
置いて1晩外に出して作った



  2003年 1月

1月は雨が降る日があり、庭の雪は例年より少ない。

寒い日の朝は零下15度位になり、カラの群れがひっきりなしに食事に訪れる。
冬は特別に、脂身とバードケーキをご馳走する。

色とりどりの花が咲いていた事など、すっかり忘れてしまった白い庭。


野鳥のためのレストラン
ヤマゲラとアカゲラ 剪定した白樺に、脂身を金網で巻きつけた
冬1番の人気メニュー
ヤマゲラの後ろで順番待ちするアカゲラ
松かさのバードケーキを食べるハシブトガラ


バードケーキのレシピ
    材料
      ラード
      みじん切りピーナツ
      小麦粉

    この3点をよく混ぜ合わせ、
    松かさの間に押し込め 
    紐をつけ枝に下げる
バードケーキ ハシブトガラ
ピーナツの紐つなぎ シジュウカラ
  ピーナツの紐つなぎ

    シジュウカラが必死に
    殻を破って食べている





ホームへ 戻る