湯の沢温泉 青森




                    2005年5月
「でわの湯 湯の沢山荘」浴室
浴室の棚田状の床 「でわの湯 湯の沢山荘」




「でわの湯 湯の沢山荘」
でわの湯 湯華
「でわの湯 湯の沢山荘」
でわの湯の排水口の周りは湯華で固まっていた






なりや温泉
薄緑色の浴室
「なりや温泉」には薄緑色と、
混浴で乳白色の2つの浴室がある
薄緑色の浴室



秋元温泉
湯の沢温泉の一番奥にある秋元温泉
浴室は男女別と混浴がある。





湯の沢温泉郷には、「でわの湯 湯の沢山荘」 「なりや温泉」 「秋元温泉」の3軒の宿が点在している。

秋元温泉 なりや温泉 最後に一番手前にある宿「湯の沢山荘」に3湯続けて入る。
一番印象に残ったのはでわの湯のチンカチンに付着した温泉成分の析出物が棚田状に広がり床一面覆っていたこと。
収穫を終えた晩秋、茶褐色の荒涼とした棚田の風景がそこに広がっているように見えた。

緑がかった褐色の濁り湯は肌触りがいい。濃い食塩泉のせいか、湯上がりには汗がかなり出て、
いつまでも体中がべとついた。






ホームへ 戻る